京都には巨乳がたくさんいる!?その理由を大公開します

京都の女性が巨乳な理由

「京都の女性が巨乳な理由」のイメージ画像

京都には巨乳が多い!?

京都の女性といえば、はんなりとして慎ましやかな方が多いイメージですよね。
でも実は、ぼいんでナイスバディな女性が多いのが京都なんです。

地域別の女性のバストカップ平均というものが、とあるラブアイテムを販売している企業から発表されました。
それによると、47都道府県中ダントツトップで京都が一番巨乳の多い地域だということがわかったんです。

大きなおっぱいというのは、世の男性にとって憧れですよね。
貧乳のほうが好きな人がいたとしても、巨乳が嫌いなんて人はいないんじゃないでしょうか。
ほわほわで柔らかい肉質は、最高の触り心地です。

でも京都に巨乳が多いからと言って、いますぐ京都の女性と付き合う!というのは難しいですよね。
そんなときは、京都にある風俗店を利用しましょう。
京都には巨乳を集めた専門の風俗店などもたくさんあるので、巨乳愛好家にはきっと満足していただけるはずです。

そんなわけで京都の巨乳事情についてちょっと触れてきましたが、ここからは京都に巨乳が多い秘密や、おっぱいについての豆知識についてご紹介していきます。
京都の女性自身もあまり知らないような内容だと思うので、京都の風俗で遊ぶ時の小話などにもちょうどいいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

京都に巨乳が多い秘密とは?

日本の女性は意外と平均的にDカップ程度はあるものだとされているのですが、地域によってその平均は大きく異なります。
一番巨乳の少ないところでは、Aカップが平均となっているところもあるんですよ。

そんな中で日本各地のトップを飾っている巨乳大国・京都。
その巨乳が多い理由というのは、実はまだあまりよくわかっていません。この巨乳平均の結果も、ごく最近発表されたばかりだからです。

でもある程度、憶測ではあるもののなんとなくの理由はわかってきています。
ここではそのいくつかの理由についてご紹介しますね。

京都に巨乳が多い理由のひとつとしては、胸が大きくなるバストケアをしっかり行っている人が多いからだと考えられています。
中部や近畿地方の地域では、40%もの女性が毎日バスとマッサージを行っているという結果がでているのだとか。しかも結果もしっかり出ており、大阪や奈良などは平均バストサイズがDカップとなっていました。

その流れを組む近畿地方勢の京都でも、バストケアを行っている女性が多いのであろうということがわかります。それにしても平均バストサイズがEカップなのはとんでもないすごさですが……。

また、地方によってバストに対する意識の違いがある、というのも京都女性の巨乳につながっていると考えられます。地方によるバストへの意識とは、「巨乳になりたい方」が多い地域もあれば、「スレンダーさを重視している」という地域もあるということです。

中部・近畿地方ではバストケアを行っている女性が多いように、巨乳に対する憧れを持っている女の子が多いということですよね。
でも、平均バストの小さい都道府県では、スレンダーなシルエットに憧れてダイエットをしている女性が多いのだそうです。

こういう意識の違いによっても、巨乳になるかどうかは分かれてくるんでしょうね。

ということで、京都に巨乳が多い秘密についてはわかっていただけましたか?
憶測ではありますが、アンケート結果をもとにして思考されているので十分に信ぴょう性はあると思います。
といっても、理由がどうあれ実際に京都が日本一の巨乳大国であることは確実なことなので、理由はどうでもいいかも知れませんが……。

ではここからは、おっぱいに関するちょっとした知識についてご紹介していきたいと思います。

おっぱいはなんで魅力的に映るのか?

おっぱいが好きな男性はこの世にごまんといますよね。
筆者もそのひとりで、大きくてぷるっとした張りのある巨乳が大好きです。

でも、なぜそんなに男性にとっておっぱいは魅力的に見えてしまうのでしょうか?
ただ単純に性的な部分だから、ということだけが理由ではないようですので、いろいろな理由について調べてみました。

①性的な欲求によって惹かれる
これは最早当然とも言えることかもしれません。おっぱいは女性の性感帯ですし、セックスアピールにも使われる部分です。そんなおっぱいが性的に魅力的に見えないわけがありませんよね。
しかも、おっぱいを触ると幸せを司るホルモンが分泌されるという研究報告もされているので、そういった理由もあるのかもしれません。

②女性らしさに惹かれる
人は自分にはないものに惹かれるという傾向にあります。
おっぱいは男性にはない象徴的な部位なので、そういった心理的作用から惹かれているのかもしれません。
男性も胸や乳首が性感帯とはなりますが、やはり柔らかな女性のそれとは異なりますよね。
自分にないものに惹かれる、というのはごくごく普通のことなので、男性が自然とおっぱいに目をやってしまうのは仕方のないことです。

③ホルモン的に刺激される
おっぱいは、生理中や授乳期間になると大量の女性ホルモンの分泌のせいでまるまると張ります。
そんな状態はまさしく女性らしさに磨きがかかった状態。男性はホルモン的に自然と惹かれてしまうんですよね。
といっても、生理中や授乳期間のおっぱいの張りは、女性にとって激痛です。
巨乳だとその痛みも増すようで、おっぱいが揺れるだけでも痛みを感じるようになる場合もあるそうなので、そんな時のおっぱいはなるべく触らないようにしてあげましょうね。

おっぱいってどうなっているの?

おっぱいは脂肪の塊だ!と思っている方も多いでしょうが、実はそんなこともありません。
もちろん柔らかい部分は脂肪ですが、おっぱいの中には乳腺組織というものがあります。
おっぱいにある組織は、血液を母乳に変えたり、その母乳を乳首に運んだりするはたらきを持っています。

赤ちゃんができた時は自然と母乳を作るホルモンが作られたりするので、本当に不思議で神秘的な部位ですよね。おっぱいって。

ちなみに、おっぱいを支えているのは「クーパー靭帯」という部位。
大胸筋と肋骨の間に位置して、おっぱいが垂れ下がらないように身体にひきつけてくれています。
でもこのクーパー靭帯というのは、一度切れてしまうともとには戻りません。
強く揉みしだいたり、無理にひっぱったりするとせっかくのおっぱいが垂れ下がってしまうので気を付けてください。

激しい運動をして靭帯が切れる、ということも珍しくないので、おっぱいを激しく揺さぶるような運動も控えたほうがいいかもしれませんね。エッチなことをするときは、優しく丁寧に行いましょう。

おっぱいの揉み方について

おっぱいはかなりデリケートな部位であることはわかっていただけたのではないでしょうか。
そんなことを聞かされると、おっぱいに対して尻込みしてしまう方もいるかも知れませんね。

でもご安心ください。ちゃんとした揉み方を知っていれば、怖がることはありません。

ポイントは、おっぱいを下から持ち上げて、やさしく円を描くように揉むことです。
上からがっしりと掴んで揺さぶるようなアダルトビデオも多いですが、あんな揉み方では女性は満足しません。むしろ不快ですし、先ほどご紹介したおっぱいを支えているクーパー靭帯が切れてしまう可能性だってあります。

また、靭帯を傷つけることがなくても、強く揉めば揉むほどサイズダウンしてしまうことがありますよ。
おっぱいは脂肪でできているので、不用意に揺らしてしまうと脂肪が燃焼されてしまうんですよね。

女性によって丁度いい揉み加減などは異なりますが、とにかく激しく揉むことはダメです。
意外と痛みもしっかりと感じられるようなので、やわらかいからといって無理はしないようにしてあげてくださいね。

おっぱいというのは、やさしく揉まれると女性ホルモンがどんどん分泌されて、大きく発達していく性質を持っています。もちろん揉んで揉んで揉めば確実に巨乳になるというわけでもありませんが、好きな女性のおっぱいを優しく揉めば、自分好みの理想のサイズに育てあげることができるかもしれません。

クーパー靭帯を傷つけることなく、優しい手付きで育ててあげましょうね。

ちなみに、乳首の感度はおっぱいが大きくても小さくても変わりないそうです。
巨乳=感度が悪そう、と偏見を持っている方!間違っているのでぜひいまこそ京都で巨乳を楽しんでみてください!